Aug04th

ニスカヴァーラ王国

Top / ニスカヴァーラ王国

国名ニスカヴァーラ王国
英語名Nisukavara Kingdom
国旗国旗.png
首都セフェリノ
元首エドヴァルド・セシリオ
国の標語王の言葉を聴け
政体制限君主制
言語カヴァーラ語
民族在来人類95% 外来人類4% 
宗教多神教
通貨エルメル

概要

ニスカヴァーラ王国(Nisukavara Kingdom)とはエスレーヴァの北東に位置する国家である。

歴史

カヴァーラ帝国時代

かつてエスレーヴァ大陸の南東を保有していた帝国で政治体制は皇帝による専制政治であったが、末期に制限君主制に移行している。
現在の首都セフェリノは帝都と呼ばれ栄えていたが戦争で国もろとも滅亡したとされ、資料は殆ど残されていない。
また結果的にエスレーヴァのセシリオ家は断絶しているが、移住政策で一部王族もグランイーラに移住しており完全に断絶はしていないと言われている。

カヴァーラ王国時代

カヴァーラ帝国は滅亡したとされているが、末期の移住政策によりグランイーラにも小国家としてカヴァーラ王国が存在しており帝国と同様にセシリオ家の王族が国王として存在していたと言われている。国自体は鎖国状態で諸外国との関係は一切無かったが、末期に隣国に併合され消滅している。

ニスカヴァーラ王国時代

グランイーラの国々の戦争に巻き込まれてカヴァーラ王国は消滅したが、混乱の最中に初代王バルタサールと一部のカヴァーラ人や外来人種と船で再びエスレーヴァに戻ってきたと言い伝えられており(帰還説)上陸の瞬間は外来人種によって写真として残され保管されている。
建国宣言を行うまでは鎖国状態であり他国との関係は無かったが、4代国王エドヴァルドの時代から急激に近代化や他国との交流が増えているが、近代化が他国に比べかなり遅れており最近まで議会なども設置されていない状態が続いていた。

地理

アルゲント諸侯連合国の南に位置し、内陸まで海が入り込んだ特殊な地形をしている。

首都

・セフェリノ
カヴァーラ帝国時代からの首都であり、政府機関が集まっており人口も一番多い。
法律で特別区の指定を受け政府が直接管理しているため、市長は存在しない。
また、王室の施設であるアシュトン宮殿がある。

都市

・ヴィルヘルミーナ
セフェリノの東に位置し、南部は一部政府機関と採掘場があり発展しているが、北部は荒地だらけの未開拓地である。

民族

在来人種同士の対立が多く、社会問題となっていたが差別禁止法による効果もあってか最近は少なくなってきている。

在来人類

元々この地で生活していたカヴァーラ人とグランイーラから移住してきたカヴァーラ人がおり、一般的に前者をカヴァーラ人、後者をニスカヴァーラ人と呼ぶことが多い。現在ではあまり使われることはなくカヴァーラ人は双方を指す言葉として使われている。

外来人類

グランイーラから移り住んできた人が殆どだが、一部他の地域出身の者もいる。

亜人類

未確認

政治

憲法で制限君主制が定められている為、国王が政治に介入することはできない。

政党

政党名議席数
自由党97
カヴァーラ労働党29
民主党22
共産党2

王室

政府機関

統一議会

内閣

王室会議

アシュトン宮殿に設置されている機関であり、国事行為における承認や王室に関する重要事項の合議を行う。
総理大臣、議長王室庁の大臣と国王、王族7名から構成される。

外交

外交関係を有する国家

国名国交感情備考
アルゲント諸侯連合あり友好隣国
エフライム国あり普通
ツィトラルコ連合あり普通
ディノボルティア合州連合あり普通