Aug04th

ボルトニア共和国

Top / ボルトニア共和国

概要

ボルトニア共和国(Republic of Boltonia)はグランイーラ大陸西部グラン半島に位置する共和制国家である。
100年近くにわたる内戦を平定したグランイーラの星にして我が民族の偉大なる指導者ランドルフ・ボルトン将軍率いるボルトニア国家ファシスト党によってヴェーダ暦100年に建国された!

歴史

古代ソル帝国時代

ソーレ人により建設された都市国家を起源とする古代帝国。最盛期にはグランイーラに留まらず、アディリグ東岸も征服し強大な勢力を誇った。現在の我々の文化、社会などに様々影響を与えている。

グラン人の侵入とグラン人による国家

ソル帝国時代にグラン人が海上より侵入し、ソル帝国衰退の一因にもなった。また、半島にできたグラン人国家とソル帝国の間で第一次グラン半島戦争が勃発した。
戦争は衰退していたソル帝国に対し止めを刺す形になり、グラン王国の勝利と帝国の崩壊に終わった。
以後グラン王国による封建社会が発達した。

バヤンウブル・カガン国の侵入

急速に繁栄した騎馬遊牧民国家であるバヤンウブル・カガン国がグラン半島に侵入し、王国が大打撃を受けた。

バヤンウブル・カガン国の衰退と民族の独立

バヤンウブル・カガン国の衰退後、グラン=ソーレ帝国が半島を統一した。

グラン=ソーレ帝国時代

グラン=ソーレ帝国は強大な海軍を持ち、各地で植民地政策を行った。末期には産業革命による工業化により、大きく発展していた。(~ヴェーダ暦3年)

ディスコード暴走と外来人侵入

ディスコードの暴走により半島に大量の外来人種が侵入し、第三次グラン半島戦争(ヴェーダ暦3年~15年)

外来人による征服と国家

エドワード共和国時代(ヴェーダ暦15年~66年)

再征服戦争

第四次グラン半島戦争(ヴェーダ暦66年~100年)

地理

地形

ボルトニアは中つ海に突き出したグラン半島に位置している。

気候

首都

民族

在来人類であるグラン人(ルヴァース人種)が全体の70%を占めている。共和国では「人種法」により、グラン人および在来人種にのみ「ボルトニア自由市民権」が付与されている。
亜人に対しては同法により、一部制限されたボルトニア自由市民権が付与される。
外来人種に対し、基本的に権利は認められておらず、同法により危険回避のため政府管理下に置かれている。

在来人類種

グラン人が多数を占め、その他にイレア人、オレア人など少数の民族で構成されている。

亜人種

亜人種は全体の18%を占めており、比較的少数派である。グラン人に対し能力で劣っているとされるため自由市民権は一部制限されている。

外来人類種

エドワード共和国時代

政治

 100年近くにわたる内戦を平定したグランイーラの星にして我が民族の偉大なる指導者ランドルフ・ボルトン将軍率いるボルトニア国家ファシスト党によるルヴァース最高水準の政治が行われている。支持率は常に98.98%以上という高い数字を出しており、国民の支持は燃えるように熱い。

国家体制

Boltnia_seiji.PNG

外交

国交を有する国

国名人種詳細
オボル共和国在来人類我がグランイーラの盟友
エルタニャ及びオモレア諸邦連邦在来人類
ヴィーラ・アディリク共和国 亜人 我が共和国と海を隔てて対岸に位置する亜人国家
神聖ソーマニア帝国在来人類共和国への投資や、食料貿易など関係が深い。一層の関係強化が望まれる。
アルゲント諸侯連合在来人類
ハイリッヒ・アッフェル・フリューゲル帝政連邦在来人類
ローザデルタ帝国 亜人 
ディノボルティア合州連合 混合 
エフライム国在来人類

ボルトニア国教会

 ボルトニアではボルトニア国教会が国家基本法により、国教と定められ、国民全員が入信している。国民は信仰心が厚い。

経済

産業

農業

漁業

工業

観光

軍事

陸軍

海軍

文化